デリヘル店も撮影切望する世界のフォトグラファー

デリヘルの宣材写真でもぜひお願いしたいと思う世界の素晴らしい写真家たちをご紹介します

*

デリヘル店の信用性は写真が全て

デリヘル店の信用性は写真が全て男性客がデリヘルに求めるのは好みの女性となるだけにレベルの高い女性が多数在籍していれば人気店として莫大な売上に繋がるだけに、その女性をアピールする写真が大事というのは言うまでもないですね。

好みの女性を探す決め手となるのが女性の写真となるだけに、ポーズや角度は大事なのですが、一時的な売上増大を狙ってデリヘル嬢の写真に大幅な修正を加えてしまい多数のお客様を確保する事ができますが、現実に案内される女性と写真でのイメージが大幅に違えば二度とそのお客様はお店を利用する事はなく、信用問題にも発展する問題となってきます。

写真詐欺の代表格は韓国デリヘル

写真詐欺の代表格は韓国デリヘル詐欺を前提とするデリヘル店で代表的なのがやはり韓国デリヘルではないでしょうか、モデル級の美人が全員顔出しの写真を公開し、スタイルも見事な程に綺麗処を並べているのですが、普段からデリヘルなどで遊んだ事にない人にとっては、外国人だから美人を大量に輸入しているんだとか、信じ込んでしまう人がいるのも確かですね。

現実には韓国で魅力的なモデルさんなどの撮影を行い、都内の某会社がまとめてそのホームページを作成し運営しているというのが本当に処で、地方の風俗慣れしていない様な地域にオープンさせて数ヶ月したら閉店、そのドメインとサイトはまた別の地域で地域名と連絡先を変更しただけで、そのままオープンという繰り返しになるのです。

当然、その地域に住んでいる韓国系または中国系などのおばちゃんが案内されて行き、写真は本人だと言い張るおばちゃん続出w

但し風俗店の法律で本番行為がないのは日本人だけなので、韓国系のおばちゃんといえど本番はあるから、まだ諦めもつくのかもしれませんが、二度目の利用はないという事で、オープンから数ヶ月で転々と閉店させていくので、最初から短期間の荒稼ぎと的を絞った運営方法という事ですね。

美人が判断つかない人妻チェーン店

美人が判断つかない人妻チェーン店日本人の人妻専門店はフランチャイズ運営となるので、本部に毎月看板費用を支払ってホームページの運営などを任せており、基礎的な運営のノウハウなども権利を購入した経営者に指導しているという状況です。

写真に関しては、各店で写真撮影専用の部屋を設けており、店長などがインスタントカメラなどで撮影した写真データを本部へ送る事で、写真加工されて掲載となる仕組みです。

ほとんどの場合は、ホクロなどの個人的特長を消すなどのレベルではなく、現実とは異なった見事なプロポーションに修正されてしまい、顔の一部として鼻から下などの部位も見る事が出来るのですが、既に本人のパーツではない為に、どの人妻さんであっても魅力的な女性に見えてしまうのです。

さて、これによりどこのデリヘルにも美人もいればブスもいるのですが、写真での判断がつかない事からシャッフル状態となり、運任せでどんな女性が案内されてくるのか予想できないという事態が起きてしまいます。

それなりに納得できる美人さんならば、一般的には予約を取るのも困難ですが、ブスは全く稼げないという構図があるはずなのに、美人と出逢うまではブスに当たる可能性もあるだけに微妙な状態という訳ですね。

頻繫に利用するお客様となれば、それなりにお決まりの待ち合わせ場所で気に入った女性を見つけるとさりげなく源氏名を聞きだすなど、半分ストーカー的な行為すら確実性を求める為に行う男性客までいるのも現実です。

振り替え詐欺のデリヘルは先細りの運営となる

振り替え詐欺のデリヘルは先細りの運営となる真面目な運営をするデリヘル店であれば、デリヘル嬢の撮影を頑張って角度的にも『奇跡の一枚』を頑張って撮影して、本人が知人バレをしない様な最低限の個人的特長を修正して公開しています。

それだけに、写真と現実のイメージが異なったとしても、本人撮影という部分では間違いないのも納得するし、次回利用時に於いても『今度こそは…』と美人を探すのですが、これは本人の写真というのが判っているという意味で信用性があるから別の女性をまた探しているという事です。

そして一部のデリヘル店で行ってしまうのが『振り替え詐欺』というもので、実在する美人には多数のお客様が殺到するのですが、物理的に案内できるのは出勤時間内による数名というのが限度となり、お断りする多数のお客様がいるのも確かです。

売上を伸ばしたい一心から、そのデリヘルの人気嬢で多数の重複予約を取ってしまい、案内できないはずの男性客には別の女性を本人だと言い張らせて案内してしまうのです。

必然的に写真とは全く違う別人を案内されるので、機嫌が悪いお客様は多数でてきます…そして別人を名乗っていくデリヘル嬢も嫌な気分になるのですが、実はこの振り替え詐欺を判っていく女性は、極度のブスとかデブが多く、普通に出勤しても全く売上にならない事からも、嫌な気分であっても収益になるからと我慢して振り替え詐欺に加担しているという事ですね。

どんなに嫌な思いをして騙すと判っていても、稼ぎたいと考える女性と、手段を選ばないデリヘル店がなせる併せ技ですが、一時的な売上は良くても長い目で見れば信用性がないだけにお客様は利用しなくなるという構図ですね。

デリヘルで美人と遊ぶ基本は違和感のあるお店を利用しない事

デリヘルで美人と遊ぶ基本は違和感のあるお店を利用しない事普通の男性が風俗で遊ぶとなればテンションはかなり高めで好みの可愛い子を探していくという事になりますが、その好みの可愛いデリヘル嬢は、風俗店が意図的に騙す目的でデブやブスを大幅加工していれば誰だって嫌ですよね…

確実性を増したいと思うならば女性の写真から探すのではなく、まずは写真の信憑性の高いデリヘル店を見つけ出して、そこに在籍する女性ならば期待できるという考えがベストという訳ですね。

信憑性の高いデリヘル店を見つけるのは、逆の発想で『違和感のあるデリヘル店』を避ける事が手っ取り早いという事です。

違和感のあるデリヘル店とは

在籍女性の写真が全員美人で顔出しはありえない、新規オープンならば在籍女性の週間出勤表とかが毎日長時間の専業で働いている美人しかいない、田舎なのに在籍人数が100人とかいるなど、何かおかしいと思ったら利用を避けるべきで、見分けがつかないと思ったら地元で老舗として長期運営しているデリヘルを利用すべきですね。

デリヘル店の写真修正として許容範囲とは

デリヘル店の写真修正として許容範囲とはデリヘルは素人女性が働く唯一の風俗と言われるだけあって、驚くほど極上の美人さんと出会える事も珍しくありません、そして1人の女性として会話や雰囲気といった部分を味わえるのもデリヘルの楽しみですよね。

素人女性だからこそ絶対に知り合いや家族にはバレたくないとなるので、モザイクなどで顔を隠しているからこそ働けるという事情があります、もちろん美人ならば顔を出せば確実に稼げるのですが、バレてしまえば本末転倒となるだけに、顔を全て隠している女性でも、それは女性の都合であって可愛い子もいるのです。

女性の都合で顔を全て隠す、口元だけを出す、目だけ出すという場合もあるのですが、それ以外にもホクロとか個人的特長も写真から消します。

そして画像加工の範疇としては、タトゥ(刺青)、妊娠線、アザ、シミなどもお客としては知りたくともこれも仕方ないのかなって諦めもできますが、これは納得できないというのは、スタイルを大幅変更するのは完全に信用できなくなってきます。

極論でいうならば、リストカットの痕だって個人特定というならば仕方ないとは諦めてもデブの原形すら判らなくしてしまう写真加工を行う店ならば二度と利用したくないって思うのではないでしょうか、女性の知人バレ対策ならば納得してもいいが、売上目的で写真修正されたらもうどの女性であっても写真判断にはならないって事ですよね。

風俗遊びは女性が美人ならば喜ぶし想定外のデブが案内されたら嫌だと思うだけにしっかりと安心して利用できるお店探しならばデリヘル専門の情報サイトで比較検討してから女性を選べば美人と出逢える確率が飛躍的に高まるって事になるんです。

公開日: